眠れない時の対処法.com » 外壁塗装と悪徳業者

外壁塗装と悪徳業者

外壁塗装を依頼したい業者を決めるといっても、初めての場合はなかなか探すのが大変です。見積もりを依頼しても、チェック項目が多くあり、色々と調べないとなりませんし、見積書の中身が一行も分からないという場合もあります。

そんなペースで悪徳業者にひっかからないようにすることも大切です。また、あまりにも時間が経ってしまわないうちに、早期に決定するようにすることも大切です。

まずは悪徳業者を見抜く方法を覚えておくと、それだけスムーズに選択ができることになります。

まず訪問セールスについてですが、いきなり訪問してきて、セールスを始める営業が多くいます。

これは、外壁は外から見やすいということで、お宅様の外壁をちょっとだけ見させていただきましたが、、というような口ぶりで多くの欠陥を指摘してくるのです。

このようなセールスにはまず承諾を与えないようにすることが大切です。また、同様にチラシをどんどん入れてくる業者にも不安は見え隠れしています。押し売り同然のこととも言えますので、手を出すのは危険です。

その他、外壁塗装についてのある程度の知識を持っておくことも大切です。例えば、塗装は一回だけ塗って終わりということはまずありません。

一般には3回は重ね塗りしますので、見積もり書を確認してみて、プロの仕事かどうかを判断することも必要です。

痛みが大きな箇所については3回とは言わず4,5回塗る場合もありますので、自分の目で壁を確認しておくのもいいと思います。

また、ペンキ塗りとは違い、外壁塗装は下地を研磨したり、素材によってはヒビを補修したりと、塗る前の準備が色々と必要になります。

塗料だけ塗ってしまうと、雨などが当たるとすぐにムラが出てしまいます。見積書にも記載があるはずですので、もし無いようであれば、すぐにでも電話をして確認すべきです。

外壁塗装の業者を初めから探すのはこのように大変なことです。知識を得ていくことも必要ですし、悪徳業者にもひっかからないようにしなければなりません。