眠れない時の対処法.com » グルコサミンについて

グルコサミンについて

テレビで「グルグル グルコサミン・・・」と歌っているグルコサミンのCMを頻繁に見ることがありますが、その他にも様々なグルコサミン商品のCMを見かけます。

なんとなく「グルコサミンは膝に良いんだろうな」位は分かりますが、ではグルコサミンとは何か、体のどこに効くのかがはっきりと認識はしていないのではないでしょうか。

グルコサミンとは、グルコースの一部の水酸基がアミノ其に置換されたアミノ糖の一つであるとされていますが、何のことやらですよね。グルコース自体がピンとこないと思いますが、グルコースとは、糖の一種で人間に含む、動物や植物が活動するためのエネルギーとなる物質の一つです。

動物の皮膚や軟骨、カニやエビなどの甲殻類に殻のキチンに含まれていますが、一般に販売されているサプリメントは甲殻類から抽出されたものです。

人間では、軟骨、ツメ、靭帯などに存在していて軟骨細胞を形成するのに必要な成分ですが、加齢、肥満、運動不足などによって軟骨の再生不良がおきると膝などに痛みが発生し、関節炎などにおこします。

グルコサミンは、関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしていますので、グルコサミンを摂取することにより、膝の痛みを緩和したり、関節の動きを滑らかにする効果があるといわれています。

しかし、変形性膝関節症などでは初期の症状であれば、ある程度の効果が得られるかもしれませんが、進行が進んでいたり慢性的な関節炎などには効果が無いようです。

グルコサミンは糖で出来ていますから、過剰な摂取や長期間の摂取は危険であるとの報告があります。摂りすぎると血糖値、血圧、血中コレステロールなどの上昇に繋がりますので、気をつけなければいけません。

何でもそうですが、摂りすぎは良くないということです。薬やサプリメントに必ず服用時の注意事項が書いてありますが、熟読して服用方法をきちんと守ることが大事ですね。