眠れない時の対処法.com » 夏バテについて

夏バテについて

暑くなると夏バテには要注意です。暑さと冷房の過度な適用により、体はだるくなり、仕事も手につかない、となってしまっては大変です。夏は水分の摂りすぎで胃の調子も悪くなりがちです。

また汗を多量にかくと血液がどろどろになったり、暑さで眠れず、疲労も蓄積しがちです。水分を取り入れる場合は炭酸飲料などを口にしてしまいがちですが、できればミネラルウオーターやスポーツドリンクのほうが胃を痛めずについつい飲みすぎるということも抑えることができます。

汗を掻いたけれども暑いからとってシャワーだけにはせず、できれば入浴をする方が健康には良いです。お湯につかることで疲労物質を減少させることができ、また血行をよくして冷え性にかかりにくくなる健康効果もあります。

夏バテに効果の高い健康食品として、ビタミンB1、B2やクエン酸が上げられます。疲れの元になってしまう乳酸をできるだけ消費して健康を維持するために、これらを含む豚肉や枝豆、納豆や玄米、うなぎ、いわしなどを多く摂るのがお勧めです。

健康のためとはいえ、無理に摂取するのはかえって健康に良くありません。美味しく摂ると継続性も出てきますので、 豚しゃぶやレバニラ炒め、うな丼や麻婆豆腐などのメニューをローテーションさせるのもいいと思います。

夏バテでまともな食事をうけつけない、というレベルにまでなってしまったら、サプリメントがお勧めです。ビタミンB1やB2、クエン酸を含むサプリで補うことが可能です。また炭水化物についてはできるだけ休みを取りながら徐々に摂取量を増やしていくなどの工夫も大切です。

夏バテで食欲が無いのに無理に食べるのは健康によくありません。胃の機能が低下している上、胃が余計に萎縮してしまうと悪循環になりがちですので、できるだけ消化吸収率の高いものから摂るようにするなどの工夫をしていくことが必要です。

どうしても食欲が出ない、という時の一発解決法が、香辛料です。中枢神経の働きが高まり、腸も活発化します。また睡眠不足には適度な運動をとりいれて疲れによる効果を狙ったり、ぬるめのお湯に使って半身浴をするのも効果があります。