眠れない時の対処法.com » 椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアは、椎間板がもともとあるべき場所から逸脱してしまい、その周りにある神経の場所を占有しようとするように圧迫しながら腰痛や坐骨神経痛を引き起こす病気です。

主な症状は腰からそれより下の部分に起こるものがほとんどで、お尻から膝の下、太股の裏側まで痛みが現れることが顕著です。また、放置してひどくなれば歩行障害や感覚麻痺、脱力感、筋力の低下や知覚障害などの可能性も否定できません。

椎間板ヘルニアの原因は、はっきりとはわかっていません。誘因になるものとしては、まず老化が上げられます。

椎間板という組織は20代の前半からその柔らかさを失っていき、背骨をうまく動かすことが徐々にできなくなると、突然若い頃にできたアクションを取ろうとしたりすることで、急激に突出し椎間板ヘルニアが発症するというケースもあります。

また、背骨に対して重い負担をかけた場合も、そのショックによってぎっくり腰のような痛みとともに発症する場合があります。

これら椎間板ヘルニアの急性の場合では、立ち上がることさえできなくなったり、前かがみの姿勢をとると余計に痛みが現れたりもします。

その他には、背骨に負担をかけるような立位、座位などを長時間維持しなければならないような仕事を継続させ、休むこともままならないという方も発症しやすいと言われています。特に肥満傾向の強い方は負担も大きくなります。

急性期には、特に激しく痛みます。このことから、安静にしながら消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などの薬物を用いて痛みを緩和させ、コルセットを用いて動作する際の姿勢を自動的に矯正することなどを試行します。

椎間板ヘルニアの治療により、症状が次第に落ち着いてきたら、慢性期に移行しはじめます。慢性期の主な治療法は牽引や温熱、腰痛体操、筋力トレーニング、ストレッチなどです。

慢性期と見られても急な痛みが出たという場合は、ブロック注射をする場合もあります。椎間板ヘルニアのほとんどはこれらの保存療法で自然に消失しますが、巨大なヘルニア、下半身の麻痺症状もある、などの場合は手術を検討します。