眠れない時の対処法.com » 照明について

照明について

皆さん寝室でどんな明かりを使っているでしょう何気なく使っている照明ですが睡眠とも関係があるのです。睡眠の質を良くしたり悪くしたりする事も 使っている電気器具左右されていたりします 人間は明るいところで活動的になり、暗くなったら休むという本能があります。

それはずっと昔から続いてきたものです。ですから急に体や本能が変わる事はありません。明るすぎると眠っていてもそれは明かりが良い睡眠を妨げてしまう可能性があります例えばコンビニの明かりの中で寝たとしましょう。想像してみても熟睡出来そうもありませんね。

コンビニやスマートフォンの明かりは睡眠を妨げるどころではなく、脳を活性化させてしまい寝にくくしてしまう明かりなのです。ですから寝る前にスートフォンなどを使用する事は自分で寝ずらくしてしまっているのです。

せっかく寝室に眠りに適した照明を選んでいてもこれでは 台無しになってしまいます。適切に照明を使って眠りによくない照明を知って避けるなどすれば質のよい眠りができるでしょう。

現在の照明器具は進化してきて 何段階も明るさが選べたり ボタン一つで色も変えられたりします。また 省エネ効果で電気代も節約出来ます。 眠りにも電気代にも優しい明かりを利用して 上質な眠りを手に入れましょう。

寝室は暖色系の色の明かりを使うのがいいでしょう。青白い光は、心も体も休まらない色の照明なのです。オレンジ系の暖色系の色の明かりを使いましょう。 寝ている時は月明かり程度の照明が理想です。

ほんのわずかな光じゃないと脳は光を寝ていても認識してしまうのです。目覚める時は 自然な朝の光で徐々に目が覚めるのが理想です。 しかし寝る時にカーテンをして眠る人が多いでしょうから朝 目が覚めたら  なるべく厚手のカーテンは開けてレースカーテンなどだけにして、自然の光を浴びてよい目覚めをしましょう