眠れない時の対処法.com » 痛みを抑える

痛みを抑える

すべり症に発症した時に表れる症状といえば腰や首に現れる独特の強い痛みです。これが非常に厄介で、発症した瞬間は非常に強く症状が表れます。

このような症状はいくつかの方法で和らげることが出来るので、特に辛い時はそうした治療法を試してみましょう。

この病気の痛みは慢性的なものがじわじわと続いていくといいます。そうした場合には患部を温めると非常に効果的です。

腰痛には温めるより冷やしたほうが良いと聞いたことがあるという人もいるかと思いますが、患部を温めたり冷やしたりして和らげる治療法はその原因となるものの性質によって変える必要があります。

ものすごく激しいものが急に表れた時は患部が炎症を起こしている可能性があるので炎症を抑えるために患部を冷やしたほうが有効で、逆に慢性的に続く場合は患部を温めて血行を促進したほうが改善に効果的なんです。

すべり症になった時に患部を冷やしてしまうと血行が阻害されて逆に悪化して激しくなる場合があるので、すべり症と思われる時はなるべく患部を冷やさないようにしましょう。

一番良いのは患部を温めつつ大人しくしておくことです。痛むから身体を動かすことができないという方は無理せず大人しくしておきましょう。

そしてすぐに病院に行くのが病気の治療の一番の近道です。よくただのぎっくり腰と勘違いして病院で治療を受けない人もいるので、急に腰が痛んだ時はすぐ病院に行きましょう。

腰椎分離症を完治する方法