眠れない時の対処法.com » 接骨院と牽引

接骨院と牽引

牽引というと車のレッカー車を思い出すと思います。また治療法としてもご存知の方は多いと思います。整形外科でも、接骨院でも施術を受けられます。

接骨院などで行われる施術ですが、主に頚椎や腰椎、つまり背骨の一部を集中して引き伸ばすことで、筋肉のバランスを改善したり、神経の通りを改善することに役立ちます。

例えば椎間板ヘルニアの治療にも用いられていますし、とくに症状がないような状態でも、何らかのストレスがある場合など、スッキリしたい場合にもお勧めのリフレッシュ法です。

接骨院などでは専用のベッドがあり、横たわってから機械に引っ張る力を設定してから施術をしますので、ほとんど無理のないバランスを継続することができます。

例えば腰痛がある場合、骨盤のあたりがベルト巻きの基本です。また急性期の腰痛にはいけません。筋肉が切れたり炎症を起こしていますので、慢性腰痛で用いるのが基本です。

一般に大体15キロから30キロの力を入れて引っ張ります。背骨は常に体重や姿勢による負担を強いられています。つまり骨の間隔も徐々に狭まっていますので、物理的にしっかり引っ張ることで、痛みやしびれが緩和されます。ごく簡単な理論に基づいています。

また重度疾患の場合はこの施術で痛みが増大してしまう可能性もあります。ベルトを装着する場合も柔道整復師がしっかりケアしながら着けること、背骨の湾曲がしっかりと正しい位置に着てから引っ張ることなど、いくつか守るべきルールがありますので、接骨院などで希望する場合にはしっかりと相談することも大事です。

とにかく引っ張って休止する、この単純な繰り返しです。若いスポーツ選手の方もチャレンジ精神旺盛で腰のケアをしたい、と接骨院を訪れる方がいるそうです。

重度のヘルニア患者の場合は接骨院では追いつかず、入院で施術することもありますが、対照的な例として意外にスポーツ選手のパフォーマンスアップにもよいそうです。

また最近は椅子に座った状態でできるマシンも存在しています。理想的な姿勢になる調整も可能なようです。