眠れない時の対処法.com » 薬の種類や効果

薬の種類や効果

老化によって人の身体は病気に掛かりやすくなってきてしまうものですが、頚椎ヘルニアはそんな高齢者に掛かりやすい病気の代表的な存在です。

頚椎ヘルニアでは主に保存療法に取る治療が行われます。保存療法は様々な治療法を平行して行うことによって患者の自然治癒力を上昇させて病気を治していく方法で、頚椎ヘルニアの場合はストレッチなどの運動や温熱療法によって進めていきます。

しかし症状が進行して痛みが激しくなってくると日常生活を送ることが困難になったり、痛みの激しさから治療が進まなくなったりします。そんな痛みを解消させるために用いられるのが投薬療法です。

投薬療法は様々な病気に用いられていますが、頚椎ヘルニアの場合は痛み止めなどを服用することで症状を緩和させてそのうちに別の治療法でヘルニアを治していくことになります。

薬を飲むだけで痛みが引くのならこれだけ飲んで治すことはできないものかとお思いの方も多いかと思いますが、残念ながら頚椎ヘルニアに直接効果をもたらす薬は存在しないため、あくまでも補助として用いることになります。

投薬治療の際に用いられるものは色々ありますが、主に消炎鎮痛剤という神経に出来た炎症に対して効果のあるものや痛みによって緊張状態のままになっている筋肉をやわらかくさせる筋弛緩剤が主に使用されています。

圧迫されている神経によっては自律神経失調症を併発していることもあるので、そうした患者には精神安定剤を用いることも多いそうです。

こうした投薬療法は症状がある程度進行した時に力を発揮しますが、残念ながらさらに症状が進行した場合は普通の投薬療法では痛みを取りきれなくなってきます。

そうなった際は患部に直接投与する神経ブロック注射に切り替えることでヘルニアの症状を緩和させることが出来ます。こうした治療法で痛みを抑えつつ、保存療法を続けていき健康的な身体を取り戻していきましょう。