眠れない時の対処法.com » ゴルフで取るべき対策

ゴルフで取るべき対策

どんな場合でもスポーツをする前にはストレッチをしてから始めることお薦めします。

もちろん、ゴルフをする前にもどんなスポーツをする前にもストレッチはとても大事になってきます。練習場、ゴルフ場でもストレッチをすることを忘れてはいけません。

ストレッチは10分程度で終わりますので、面倒くさいなどとは言わずに、ぜひ、実践して頂きたいものです。辛い腰痛にならないためにしっかりストレッチをやるようにしましょう。忘れがちですが背中と腰や腕などのストレッチを行うと効果的です。

特に大腿部や膝、ここが固まってると腰への負担が大きくなり、腰の痛みの原因にもなるので気を付けて下さい。ゴルフなどでは素振りを行いますが、右を100回振ったら、左も100回振ることがとても大事です。

左右均等に降ることにより、体の捻じれを防ぐことができ、体のバランスを整えることも出来ます。また、ラジオ体操などもお勧めです。ラジオ体操は全身のストレッチになります。

ゴルフはやりすぎると腰痛はつきものですから、最初はしっかりとストレッチを実践してください。また、腹筋を鍛えると腰への負担が和らぎます。

腹筋が弱いと前かがみになりすぎたり、背中が曲がってしまうので、腰痛になりやすくなります。無理することはないですが、プロゴルファーなどは腹筋、背筋をしっかりと鍛えてストレッチもしっかりやっています。

もちろん練習やコース終了後もしっかりストレッチしてください。ゴルフをやる方で腰の痛みを患っている方は非常に多いです。ゴルフが腰に優しいスポーツではないので、腰の痛みを防ぐためにもスイングなどに注意しましょう。