眠れない時の対処法.com » 腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症

腰椎分離症とは、腰椎の骨の一部が離れた状態になってしまうことです。また、腰椎すべり症は腰椎の位置そのものがずれてしまった状態を言います。

このような分離症のうち、ずれが起きた状態を腰椎分離すべり症といいます。すべり症は立ったまま長時間仕事をして集中したり、腰を曲げた状態で長時間する仕事などは特に痛みが強く現れます。

重い痛み、そして鈍い痛むような感じが多く、後ろに反らせたりして気を紛らわそうとするとかえって痛みが強くなり、足の痺れや痛みにまで発展することもあります。

また、すべり症そのものが強くなることによって、腰部脊柱管狭窄症で知られる間欠性跛行が現れることもあり、しばらく歩いていると、途中で歩くことが出来なくなり、またしばらく休めば歩ける、というような苛立ちなどが起こります。

x線での検査をすることで発症しているかどうかが分かりますが、症状が無い場合でも分離症やすべり症がある場合もあるようです。

すべり症の治療については、装具や薬物から、理学的な療法、ブロック注射を取り入れるなど様々な保存療法があります。コルセットでは動きが完全に制限され、安静にしていることが求められます。

また薬物では鎮痛剤や筋弛緩薬を用いたり、神経ブロックでは内臓疾患などの他の原因ではないものかを明らかにするために効果があります。

そして症状が改善する兆しも見えないというケースでは、手術をすることになるでしょう。自分の他の部位の骨を移植したり、人口の骨を移植するなどの比較的大掛かりな手術になりますが、場合によっては金属を使うケースもあるようです。

分離症やすべり症は高齢者に多い疾患で、腰椎がずれたりすべったりすることで痛みが発症しますが、その大きな特徴はやはりぎっくり腰などと違い滑ってずれたまま元にもどらない状態が続くことです。