眠れない時の対処法.com » 接骨院のマッサージの時間について

接骨院のマッサージの時間について

接骨院での治療の中で、マッサージというのは良く行われる施術の一つだと言えます。この方法は患部の状態を良くして痛みを和らげるのに有効な手段です。

腰痛、首痛、膝痛、その中でもヘルニアなどの患者さんにもよく使われます。ヘルニアには主に腰と首と分かれますが、首の頚椎椎間板ヘルニアの症状などにはあまり適していません。また、腰の椎間板ヘルニアでも症状の度合いに応じて、避ける必要があります。

マッサージのメリットは、痛みにより緊張状態にある筋肉を揉みほぐすことで、筋肉の緊張状態、こわばりを解消することです。

筋肉が緊張状態にあると血行が妨げられ痛みを増してしまっている状態ですから、これを行うことで痛みを緩和することが出来るのです。

では実際に費やす時間についてはどのようになっているのでしょうか。当然ですが適切な処置時間というものがあります。当然短すぎても効果がありませんし、やり過ぎるのも返って良くありません。適度に緊張がほぐれるくらいがちょうどよいのです。

筋肉の緊張状態には患者による個人差がありますから一概には言えませんが、やるならしっかりとその人の筋肉の状態に合った時間の処置が必要となります。

しかし、個人経営の接骨院となると多いのが、患者の周りを良くするために電気治療を施してマッサージは申し訳程度という場合です。

要するに一人の患者にそれほど時間をかけていられないということで、人出の要らない電気治療に時間をかけ、マッサージはそれほど時間を取ってくれないのです。

やはり怪我を早く治すために接骨院に通うならば、しっかりと責任を持って治療を施してくれる専門家にかかりたいものです。

もし、かかりつけの接骨院を探しているのであれば、接骨院の周りでの評判、特に今回のようなマッサージにかける時間などを聞いてみるといいかもしれません。

異様に短い所や、他人によって驚くほど違う所、または行くタイミングによってかなり時間が変わってくるならば要注意かもしれません。気になったならば専門家に直接聞いてみる必要もありますね。