眠れない時の対処法.com » 音楽について

音楽について

眠れない時にお気に入りの曲を聞く人も多いと思いますが、その聞く曲の選び方でも良い睡眠になったりならなかったりしている事もあるのです。激しいリズムの曲が好きでもその激しい曲を大きな音で聞いていたらなかなか落ち着かないので眠れないと思います。

眠くならない時には脳や体がリラックスしていない事が原因になっているかもしれません。

では眠れない時に聞く音楽とはどんなものが良いのでしょう。スローテンポで、ほぼ一定のスピードの音楽が眠れない時に聞くのに向いています。出来れば歌詞がない方が良いようです。歌詞がある曲だと脳がその歌詞を取り入れて考えようとします。

ですから歌詞の無い音楽の方が眠れない時には合っているようです。例えばクラシック音楽です。バッハやシューベルトモーツァルトなど歴代の有名な作曲家達が残してくれたクラシックで気持ちを落着かしリラックスしましょう。

あまり変調の無い一定のテンポの曲の方が眠りたい時には合っているようです。ピアノや弦楽器の優しい音色はリラックスさせてくれそうです。それから川のせせらぎ、海の音、森の木々の揺れる音や鳥の声などの自然の音なども眠れない時に聞くにはいいでしょう。

最近では眠れない時に聞くCDなども販売しています。このような音楽のCDは犬の噛み癖などにも効果があるそうなので、利用するのも一つの手だと思います。

繁華街を測定してみると音量は80デシベル程です。一般的に40デシベル以下が眠りに向いている音量だと言われています。40デシベルというのは図書館の中くらいの音量です。かなり静かですね。

もちろん自分の好きな激しい曲を大音量で聞いても、ぐっすり眠れる人はそれでいいのですが、一般的には静かな曲がいいようです。曲を聞いてリラックスをしながら 、温かいココアやホットミルクなどを飲んでいると自然に眠くなる事でしょう。みなさんも眠れない時にゆったりと曲を聞いてみて下さい。