眠れない時の対処法.com » マンションリノベーションの注意点

マンションリノベーションの注意点

マンションのリノベーションの注意点をおおまかに書き出してみると、

1.リノベーションできる範囲

2.共有部分と専用部分

3.専用使用部分

4.マンション規約

5.リノベーション工事の際の注意点

6.マンションの特性

など、このようにマンションリノベーションの注意点があるということです。そういった点において、前もってリノベーション業者ときちんと話しておく必要があります。

「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」などのリノベーション情報サイトで、信頼できるリノベーション業者を探すことが大事です。

古いマンションでも玄関から一歩入れば全く違う空間にしたり、間取りを大きく変更できる場合もあるということです。そして、リノベーションしておくことでは、買い替え時には買い手がつきやすいという利点もあります。

「リノベーションでできる範囲」ということでは、個人の専用部分だけで共用部分や専用使用部分についてはリノベーションできないということなどです。

共用部分とは、コンクリートで作られた壁や床、天井や柱のマンションを支える構造部分のことです。また、共同で使用するためのエレベーターや廊下のことなどをいいます。

また、専有部分とは玄関内側からサッシの内側までの居住部分のことをいいます。そしてその内側のコンクリートの壁や天井・柱の内側の壁や天井は専有部分となります。そしてこの範囲が改装可能な範囲になります。

家の中はほとんど改装ができるのですが、外から見える部分、サッシや玄関ドア・廊下・ベランダは改装できないということなどです。また、家の中のコンクリートの壁も構造体ですので改装はできません。

また、専用部分とは、ベランダや玄関扉、サッシなどが含まれるということです。網戸を張り替えたり、ガラスが割れた場合、鍵の交換などは持ち主が行うように決められてあります。

また、玄関ドアでは内側に関しては、塗装などを工事として認めているところもあるようです。サッシでは、サッシ自体の交換はできないということなどです。防音や断熱のためガラスを変えたりする場合には、2重サッシにすることなどがあります。

ほかにもマンションの規約などで細かい規約などがあるということです。なかには、マンションの構造や建築をよく知らない人が作ったものもあって驚くような規約などもある場合もあるようです。

また、マンションのリノベーション工事の場合には、工事範囲・工事時間・工事前に必ず上下左右の家に承認印をもらうなどの規則があります。そしてマンションは一戸建てと違い増築ができません。

限られた面積ということがありますので、それをどう効率よくリノベーションできるかがポイントになるようです。