眠れない時の対処法.com » 治療方法はどんなものなのか?

治療方法はどんなものなのか?

長時間歩けなくなったり、しびれが続いたりする脊柱管狭窄症という病気を知っていますか?よく年齢などのせいで長時間歩けなくなったなんてこともあると思いますが、実はこの脊柱管狭窄症になっている可能性も高いのです。


この病気は年齢に関係なくなることが多いので気を付けなければなりません。ではもしこの脊柱管狭窄症になってしまったらどのようにすればいいのでしょうか?

この脊柱管狭窄症は重症化しなければある程度の治療法で治るものとして知られています。方法にも様々あります。

たとえば薬物療法です。薬では内服薬だけでなく貼付薬や塗り薬など様々なものがあります。血流の改善を図る循環障害改善薬などを使う場合もあります。

次に理学療法です。理学療法は主に血行の改善するものが行われます。ホットパックと呼ばれるものを使って温める温熱療法や超音波を使う超音波療法などが使われています。

また装具を使った装具療法などもあります。コルセットなどを使うことで腰を安静にさせて出来るだけ休ませる療法です。

腰などを曲げた状態のほうがいい場合もあるのでそういった場合は屈曲コルセットと呼ばれるものを使い、腰を曲げた状態にすることもあります。

麻酔薬などを注射する神経ブロックと呼ばれる方法もあります。これにより痛みを伝える部分をブロックすることで痛みを抑えるだけでなく血流改善や炎症を抑えるこが出来るのです。

脊柱管狭窄症になってもこういった方法でしっかりと治療することが出来るのです。しかし、この治療方法で治るのは早期発見などが出来た場合が多いとされています。

発見が遅くなって手術などをしないためにも違和感を感じたら出来るだけ早く病院に行き診断を受けるようにしましょう。正しい治療法を行えば脊柱管狭窄症は改善することが出来るものなのです。