眠れない時の対処法.com » リフォーム前提でマンションを買う際の注意点

リフォーム前提でマンションを買う際の注意点

最近、持ち家の購入の際の選択肢の1つとして、中古マンションを購入し、リフォームする方法を考えられる方が多くみられます。

これらの方は、新築マンションや中古マンションを選び、条件があわずこのリフォームするという形にたどり着かれる方と、もうはじめからリフォームをすることを前提に中古マンションを選ばれる方といらっしゃいます。

そういった後者のような方々に、ぜひ予め選ぶ際に注意していただきたいと思う点をまとめてみました。

まず、中古マンションの方が新築マンションに比べ立地条件のいい希望のエリアの物件を捜し出す事が容易となります。

しかしながらいい立地条件の物件ほど、築年数の古いものが多くみられる傾向があります。

そういった場合、構造上耐震面などでプランに制限がでてきてしまうわけです。

ですから、リフォームをすると決められてマンションを探されるのであれば、まずは、リフォームするプランをじっくり練っておく必要があります。

場合によっては「リフォーム費用を匿名無料で比較検討できる~リフォーム費用見積比較ナビ~全国対応~」などを利用し、マンション購入前に業者を決めて、相談しながらマンションを探すのもいいでしょう。

先に自分のイメージやコンセプトを固め、ある程度のプランができていれば、そのプランを実現しやすい物件を捜し出すことができます。

仮に、理想と少し違ったマンションだけど、立地条件や価格が魅力的だった場合でも、先にプランがあれば、どの辺りをどのくらい妥協や変更すれば、理想に近付けるかなど、変更案もイメージしやすいため、物件選びに幅が広がります。

このように、まずは先に自分にとってのリフォームをきっちり考えて物件選びをスタートさせる事が重要かと思われます。

またその際、自分にあった業者もきちんと選んでおき、プロと共にプランを考えておけばよりスムーズになるでしょう。

さらにそれらと同時に、資金調達の際の金融機関も事前にチェックしておくとよいでしょう。

リフォームの場合、工事費用まで住宅ローンとして融資を受けれない場合もでてくるのです。

ですから、きちんと資金調達できるかが鍵になります。工事費用が住宅ローンとして一緒に融資してもらえない場合は、リフォームローンになり、支払いの面でかなり違ってくるわけなのです。

したがって、まずは上記内容のような点に注意しながら、事前準備をしっかりしていくことが大切だと思いました。